とんかつ川久

こんにちは!街ブラ仙人(@machiburracat)です!

お酒も程よく回ったのでシメを食べに!

ここ天文館界隈は南九州エリア最大規模の繁華街です。

そう、いわゆるナイトスポットでもあります。

ということは、美味しい飲食店が必ずあります。

鹿児島グルメと言えば!私の中では黒豚料理がやはり一番に浮かんで来ます。

ベタですいません…汗

しかも、今回はあえて有名店に飛び込みました。

いつも裏観光を心がけるのですが、そこはまあ、立ち飲み屋の方で発見できたものですから(‘ω’)

とんかつ川久ってどんな店?

やって来たのはこちら、ガイドブックからグルメサイトまで、鹿児島のとんかつを探せば必ず名前が挙がる、川久(かわきゅう)さん。

休日は開店前から行列ができるお店です。

この日は金曜の夜。

先ほどの天文館界隈からは少々離れているので、酔っ払いには歩くとキツイため、庶民の私は路面電車で鹿児島中央へ移動。

鹿児島の路面電車

路面電車の電停【鹿児島中央駅前】で降り、2分くらい歩いて到着。ラストオーダー数分前という事もあり、すんなり入れました。

店内には他のお客さんもそんなに多くなかったですが、外国人の一人旅っぽい男性が!

私は独断と偏見でイギリス人だろう、と判断しました。

きっと彼も歴史好きだ。薩英戦争の勉強をしに来たのだろう。そうに違いない。

という歴史バカの私のどうでもいい話はおいといて。

黒豚ロースかつ定食@1900円と地鶏炭火焼き @420円を注文。

アラフォーでシメにとんかつって攻めてるなあ笑

しかし、不思議なことに旅の魔法で普段だったら胃もたれ&胸やけマックスになるはずなのに、旅に来ると毎度毎度暴飲暴食に身体がついてきてくれる。われながら便利な身体だ。

 

とんかつ川久

とんかつの味付けはソース以外にも醤油だれや柚子味噌なるものも。

 

とんかつ川久

先に地鶏の炭火焼きが運ばれて来る。美味しいが、恐らく自家製ではなく市販のものと思われます。違っていたらすいません。

とんかつ川久

配膳されました。この、ホッとするThe 定食なフォルム。

とんかつはやはり断面撮らないと。

さて、せっかくとんかつの名店に来たらまずは塩で一口。

うん、美味しい!肉質はきめ細かく、脂身はジューシー。基本、質の良いとんかつって塩で食べるべき。

柚子味噌も醤油だれも試してみたが、やはりここは塩でしょう。

あ、でも、ソースはやっぱり間違いない。ありがたく完食しました。

ちょっと値が張るけど、わざわざ鹿児島に来たら是非とも訪れる事をおススメします。

なお、私のはノーマルサイズの150グラムに対して上サイズの250グラムもありますよ。

スポンサーリンク

近くには可愛い猫もいました。

満足して宿に戻ろうとする道すがら、偶然猫との出会い。この辺りは一番街というアーケード街のため、雨にも打たれないので猫にも住み心地がいいのでしょう。

そこそこ人馴れしています。

触らせてくれないけど、おもいっきり逃げることはなく、適度な距離感を保つ感じでしょうか。

地域猫として愛されてるみたいです。偶然世話をしてる人に会って猫談義。仲間内で協力しあって食べ残しから糞の始末もちゃんとしてるとのこと。一安心。可愛いだけは誰でも言えますからね。

一日目のまとめ

初日からかなり濃い一日でした。

絶景、歴史、グルメ、人の優しさ。

魅力あふれる場所だらけです。

鹿児島に限らず、九州はどこへ行っても食べ物のクオリティは抜群に高く、人々も優しいです。

私の知り合いの九州人は九州に来たら九州を好きになって帰って欲しいとみんな口を揃えて言います。

コテコテの観光地の旅行に疲れた方、是非鹿児島旅をおススメします!

私の鹿児島旅行記はまだまだ続きます。

スポンサーリンク
おすすめの記事